画像ページが大量にindexされていました。SEOに悪影響か?解決方法と結果について

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ども。専業アフィリエイターの半兵衛です。

メインブログ「アフィリエイトROCK」のSEO評価が2019年3月に大きく下がりました。

原因を色々分析してみたところ、画像ページが大量にindexされていることが判明しました。

画像ページが大量にIndexされていた原因と解決策について書きたいと思います。

画像ページが大量にIndexされていることが判明

先日、半兵衛チャンネルにてアフィリエイトの質問に答えながらグラディウスを実況プレイしていました。

半兵衛のグラディウス 連休配信

アフィリエイトの話をしながらプレイしていたのですが、後日動画を見返していました。

すると、半兵衛チャンネラーのぐーるぐるさん(@glxy1ss)がSEO関連についてチャットでご指摘されていたことに気づきました。

グラディウス実況

「アフィロックの画像ページが表示されているんだけど低品質になりません?」

ん・・・???

これはどういう意味だ・・・???

ライブ実況中は見落としてスルーしていたのですが、よくよく見ると意味深な発言・・・・。

もしや???

アフィリエイトROCKのIndexの状況を確認してみる

もしかすると、こういうことでは?と、「SEOチェキ」を使って、アフィリエイトROCKのIndex状況を確認してみました。

SEOチェキでindexを検証

インデックス数が397となっています。

記事数は100ちょっとですので、カテゴリページ等を含めてもかなり多い印象。
(しかも先日、SEO対策で収入報告をno indexにさせています。
参考:みやえらさんの動画に学ぶ!アフィリエイトROCKがなぜSEOに弱いのか?

一体何が、Indexされているのか?とみてみますと

アフィリエイトROCK index一覧

なんなんですかこれは・・・・・・

「アドセンス?」

「アクセス推移?」

「パソコンケース???」

そんなも記事、書いた覚えがありません。

クリックしてみると・・・・!!!

パソコンケース

なんと、画像ページが丸々Indexされてしまっていました。

397あるIndexのうち、半分くらい画像ページになっていました。

これはさすがに低品質を食らうのでは・・・。まさかこれがアクセスダウンの影響なのか・・・?

画像Indexの原因はプラグインのAll in one seo でした

なぜ、こんなにも大量に画像がIndexされてしまっていたかというと、どうやら原因はAll in one seoのXMLサイトマップ機能にあるようです。

調べたところ「ワードプレスのメディアページが大量インデックスされてしまった場合の対応策」のブログで解説されていました。

どうやら、2018年あたりで、All in one seoの機能がアップデートされて、XMLサイトマップ機能で画像ページを送信するという誰も得しない機能がデフォルトで追加されてしまっていたようです。

All in one seo 画像index

このように「画像を除外」という項目がデフォルトでチェックが外れています。その結果、画像ページをサイトマップに送信してしまうようです。そして、アフィリエイトROCKも多くの画像がIndexされてしまっていたようです。

なぜ、デフォルトでこのようなことをするのか、デメリットしかなさそうですが・・・・

もしかして、これがアクセスが下がった最大の要因なのではないのかとさえ思っています。

アフィリエイトROCKのアクセス状況を見てみましょう。

アフィリエイトROCKアクセス

アフィリエイトROCKのアクセス状況ですが、2018年8月あたりからどんどん下げています。

これは、Googleの健康アップデートやコアアップデートの影響かと思っていました。しかし、画像がIndexされたのが、「All in one seo」がアップデートした2018年あたりだと思いますので、画像ページがIndexされ始めてから評価が下がっているのではないでしょうか。

そうだとすると、かなり説明がつきますよね・・・!

もしかしたら、これが解決すれば、SEO評価が戻るのではないかと期待してしまっています。

画像ページ大量Indexの解決方法

解決方法も「ワードプレスのメディアページが大量インデックスされてしまった場合の対応策」のブログを参考にさせていただきました。

①All in one seo の設定を解除し、XMLサイトマップ機能を停止させる

まずは、諸悪の根源である「All in one seo」の設定を治します。

先ほどのXMLサイトマップ機能の「画像を除外する」のチェックを入れました。

しかし、これからも何かエラーを起こしそうですので、サイトマップ機能自体を停止させることもしました。

All in one seo機能管理

このように機能を停止させました。

その代わり「Google XML Sitemaps」を使うようにしました。

②メディアページをno indexにさせる

All in one seoの機能でメディアページをno indexにさせました。

メディアページno index

③画像ページを404 not foundで返すようにする

続いて現在のIndexされているすべての画像ページについて404処理をしました。

function.phpに追記するだけです。「画像ページを404にする」の記事を参考にさせていただきました。

④Search Consoleですべてno index処理をする

Search Consoleで「URLの削除」を一つ一つ申請しました。

まあ、ほっておいても404にしているので、いずれno indexとなると思いますが、早めにSEOの評価を回復させたいという思いもあり、手動ですべて申請しました。

アフィリエイトROCKインデックス削除

なんと・・・・167件もIndexされておりました。

画像ページが低品質の理由ならアクセスが戻るはず・・・!

以上、画像ページが大量にIndexされていたという事件が起きましたが、なんとか解決できそうです。

ご指摘いただきましたぐーるぐるさん(@glxy1ss)本当にありがとうございます。

また、同じく、SEO評価がただ下がりの投資ブログ「ハイリターン投資ROCK」も同様に画像が大量Indexされておりました。

ハイリターン投資ROCKのアクセス状況

アクセスの状況もこのようになっており、ちょっと3月のアップデートの影響をもろに食らいすぎているので、画像ページをno indexさせてもプラスになるかわかりませんが・・・やってみます。

画像ページをno indexさせることで、どれほどアクセスが回復するのか、またご報告させていただきます。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました